人気のあるいくつかのFX口座をあれこれ批評

外為オンライン

外為オンラインは「新ツール」として、チャートなどに力を入れています。
例えば、「グラフィカルなチャート」がそうでしょう。

外為オンラインでは、本日の値動きにおいて現在の値動きの推移がわかるような新ツールが開発されています。
外為オンラインで、このチャートを導入すると「直感的に相場がわかる」ようになりますので、初心者には特にオススメのツールとなります。
相場と言うのは、ちょっと目を放したすきに変化します。

なので、初心者にとってのチャートと言うのは、非常に面倒でわかりづらいものであったりします。
しかし、外為オンラインの新チャートツールでは、「相場が一部分でも見える」ようになっていますので、これについては特にオススメができます。

これは、「デイトレ派」に向いている外為オンライン独自のツールなので、他のFX業者ではこのようなサービスを受けられない事もあります。
何より、じっくり相場を眺めつつでトレードできるのは楽しいものですよ。

マネーパートナーズ

マネーパートナーズは「偏りがない」のが素晴らしいですね。
例えば、外為オンラインなど有名なFX業者と比較すると、マネーパートナーズは見劣りする・・・とされていますが、「万能」と言う点ではトップクラスだと思います。
と言うのも、約定力がトップクラスで高いだけでなく、短期売買・長期売買のどちらにおいてもマネーパートナーズでは殆ど損失がないからです。
マネーパートナーズは、スプレッドについて「偏りがない」FX業者となっていますので、非常に取引においては計算がしやすいのです。
大手とされている業者は、どうしてもどちらかの取引スタイルのみ迎合する形となっています。
ライブドア FXにおいては超短期売買。
先ほどの外為オンラインも短期売買が得意となっており、どちらも得意なマネーパートナーズは初心者などが損失をせずに使いやすいFX業者でもあるのです。
また、スプレッドについては業界でも最狭となっていますので、コチラの点には不満がないかと思います。

岡三オンライン証券

岡三オンライン証券は、「信用度」においてはトップクラスの証券会社でしょう。
そもそも、岡三オンライン証券は「創業90年、純資産に至っては1,000億円」となっています。
このような老舗として実績と、実際の純資産を保有している証券会社については、岡三オンライン証券くらいのものなので、ネットにおいても「信用度が高い」と言う評判が多いのです。

また、ノウハウもあります。
なので、岡三オンライン証券で使えるツールの殆どにヘルプページが用意されているのですが、このヘルプページはどこの業者でも用意しているわけではありませんので注意しましょう。

FX業者などでもそうですが、「電話サポートを行っていない」業者は存在します。
岡三オンライン証券では、ヘルプページ・ツールの相談・電話相談の3種に対応していますし、口座開設をするだけでもQUOカード4,000円分のキャンペーンがあるなど、初心者を厚遇している部分が随所に存在しているのです。
これから証券会社を選ぶのであれば、岡三オンライン証券が良いでしょう。

セントラル短資FX

「安全性の高いFX業者」としても有名なセントラル短資FX。
また、最近になってどこのFX業者でも自前の安全性と言うのを説いていますが、コレには理由もあります。
それは、「2010年に起きた問題」がきっかけ。
当時、フォーランドフォレックスが資本面の問題でポジションを維持できないと言う事件を起こしてしまいました。
早い話が取引そのものがまともに行えない状況になってしまい、大損失を被ったトレーダーもいる・・・と言うことです。
この事件を教訓として、FX業者においても安全性については年を増すごとに重視するようになってきました。
そんな中で、特に力を入れるようになったのがセントラル短資FXと言うわけです。
実際に、そのような取り組みだけでなく、資本・短資会社としての格付け(BBB+)もありますので、「長期運用に強いセントラル短資FX」と言うのが今では定番になっていますね。
また、そのような理由もあってトレーダーは多く、人気fx口座批評サイトでも述べられているように今では「口座数が10万、トップ3の口座数と預かり資産を保有」と言う業者にまで成長しました。

上田ハーローFX

インターバンク直結レートにより「ストップ狩り」の対策をしている上田ハーローFXが頼もしい。
あまりネットなどで業者の口コミなどを見ない人は知らないかも知れませんが、上田ハーローFXだけでなくインターバンク直結レートについては有名です。
と言うのも、業者は「不正操作」と言うものが可能で、そのような行為をストップ狩りとしているからですね。

具体的なものでは、最初はトレーダーとして登録をしただけなので、「顧客の儲かり具合」と言うのは0の状態からスタートとなります。
なので、FX業者は何もしてきません。

ですが、FX業者にしてみると儲けが大きい顧客がいた場合には、「損失となってくれた方が儲かる」ので、レート操作とされている操作を行うのです。
約定がいきなりずれるようになった場合、特殊なツールを使って判断をすると不正操作をしている業者が炙り出せたりする事もありますので、上田ハーローFXのようなFX業者こそ信用にたるとなるのですね。

Posted in 外為 | Comments Off

実際にネットで儲けている人たちも

インターネットが普及し誰もが簡単に利用することができるようになりました。
インターネットにより世界が狭くなりどこにいてもすぐに情報を共有することができるようになりました。
その事により生まれたビジネスも数知れず。
ユーチューブなどの動画サイトや無料で利用することのできるフリーソフト、プログラマーなどのエンジニア職、ネットワークシステムやオンラインゲームなど。
インターネットを利用したビジネスは本当に多岐にわたります。しかもインターネットで儲けるにはプロでないとダメという垣根が存在しません。
誰でも気軽にビジネスを開始することができるのです。
もはやビジネスという堅苦しい言葉さえも要りません。誰でも小遣い稼ぎができるといった方が正しいのかもしれません。
もちろんうまくやれる人は本職にしても良いくらい儲ける事も可能です。
実際本職はサラリーマンだったけれどもアフィリエイトやセドリなどで成功してそっちが本職の給料を上回っている人だってかなり多いようです。
インターネットビジネスはヤル気さえあればだれだって儲ける事が出来ると言ってもいいでしょう。
しかもサラリーマンだったら上司から言われた仕事をいや嫌こなすというのが定石ですが、インターネットビジネスは自分がやればやるほど儲ける事ができますし、
自分のやる気次第で給料に反映されることになりますので仕事に対する意気込みも違ってくるでしょう。
しかし、インターネットビジネスって言っても何をすればいいのか分からないと言う人も多いと思います。
やってみたいけれども不安だと言う方も多いことでしょう。
しかし、実際にインターネットで儲けている人たちも同じ気持ちだったのです。
もしもまだ始めていないと言う方がいてその人ともうすでにインターネットで儲けた人との違いはただ一つ。実際に行動する事が出来たかできなかったかです。
さぁ、あなたも勇気を出してインターネットで儲けてみませんか。

Posted in 外為 | Comments Off

先物取引でローソク足を用いてサインを察知する

先物取引ではローソク足というグラフを見て、価格分析をするものです。そしてある程度の期間ローソク足を見ていると、段々パターンが見えてくるものです。
ここで、まずローソク足の色を考えてみます。
もしもローソク足の色が赤色の場合は価格が上昇しているとします。そして青色の場合は価格が下落をしてきているものとします。
さて、ある時にそのローソク足で赤色が続いているとします。
赤色が続いているという事は、先物取引の取引商品の価格が上昇をしてきているという事です。
最初の内は5000円だった貴金属の金の価格も、とうとう5100円になりました。
そして、5100円で「+」のローソク足が出てきたとします。
その次に、青色のローソク足が出ました。5050円になりました。こういう時は、先物取引では下落が始まる事が多いらしいのです。
逆に、長い間青色が続く下落につぐ下落という状況で「+」のローソク足が出ます。そして赤色のローソク足が出た場合は買いサインなのだそうです。
ところで、それはFXではどうなのでしょうか。
通用するかもしれません。私はその手法を試していないので、なんとも言えない所です。
ただ、1つだけ確実に言える事があります。
もしもそれが信頼できる手法だとしても、万が一のために損切りだけは徹底をするべきという事です。
FXには絶対というパターンは、私は無いと思っています。
ただし、リスクを限定する事だけは絶対に重要だと確信をしています。
すなわち、その手法を用いるのならば「+」マークを少し超えた辺りに損切りを設定するべきです。
先ほどの貴金属の金の例ならば、5130円辺りにでも損切りを設定しておくべきという訳です。

Posted in 外為 | Comments Off

銀行口座がFXに必要な理由

FXでは、出し入れ自由な銀行口座は必要です。もしも銀行口座をまだ持っていないようでしたら、作る必要があります。
それも、できればインターネットでの振込が完備されている銀行がベストです。
その方が色々と便利だからです。では、なぜ銀行口座が必要なのでしょうか。
まずFX業者の口座に元手を振り込まなければならないからです。そもそも元手がないと、取引そのものが成り立ちません。
当然ですが、元手がゼロでは外貨の売買ができないからです。もう1つは、出金をするためです。
どうにかFXでお金を稼ぐ事ができたら、当然そのお金を引き出す必要があります。
お金を稼ぐ為に取引をしているのですから、お金を引き出す事は重要です。
その為には、FX業者からあなたの銀行口座に振込をしてもらわなければなりません。決して手渡しではお金を受け取れません。
主にこの2つの理由で、まずは銀行口座を持っている必要があります。それも、自分でいつでも出し入れ自由な状態の銀行です。
そして他人名義の口座ではなく、あくまでも本人名義の口座が必要となります。
というのも、FXでは不慮の値動き等によって急にFXの口座に入金をしなければならない事が意外と多く有るのです。
そういう場合に、出し入れをするのにいちいち許可を取らなければならない他人名義の口座では入金に時間がかかってしまいます。
すなわち、いつでも自分で管理ができる銀行口座が必要となります。
以上の点から、FXで取引をするには銀行口座が無いと何もできません。
ほとんどの方はご自分の銀行口座はお持ちだと思いますが、もしも持っていないようでしたら上記の話は覚えておきましょう。

Posted in 外為 | Comments Off

株で一服の上げをつかんでしまうパターン

株の値動きのパターンの一つに、下降トレンドというものが有ります。下降トレンドとは、まさに株価が下落する勢いが非常に強い状態を指します。
株価が過去最低値をどんどん記録して塗り替えている時などが、下降トレンドの典型例の一つです。ですが、下降というものは一本道には進まないものです。
必ずどこかで一旦上昇します。
多くの人は、その上昇を見て「これだけ株価が下がったのだから、これは上がるサイン」と思って買ってしまうものなのです。
ところが、そういうときに限って株価というものは下落を再開します。
つまり、先ほどの上昇は下降の途中でのちょっとした一服に過ぎなかったという訳です。
大変なのは、先ほどの上昇を見て買ってしまった人です。泣く泣く損切りを余儀なくされるという訳です。
これは、株では意外とよく有るパターンなのだそうです。
なお上記では下降トレンドを例に挙げましたが、上昇トレンドでも同じ事が言えます。つまり、流れに逆らわない事がまず第一という訳です。
それでは、それはFXにも当てはまるセオリーなのでしょうか。結論から言いますと、当てはまります。
「ここまで下がってきたのだから、もう上がり始めるだろう」と思うと、また下がり始めます。
リーマン・ショックの時などは、その典型的なパターンでした。
これ以上は下がるまいと思っていたら、容赦なく下がるのです。すなわち、FXではトレンドに逆らわない事は重要なのです。
ただし、本当に上がる事もあります。
そのような不測の事態に備えて、損切りだけは常に徹底をしておきたいものです。

Posted in 外為 | Comments Off

投資セミナーにも積極参加!参加無料!

外為オンラインは外国為替を取引するサイトであり、今流行のFX業者の一つです。
かつてのサラ金がグラビアアイドルを起用してコマーシャルを流し続けてイメチェンを図ったように、
外為オンラインもキャンキャンのモデルをイメージキャラクターに起用してお茶の間への浸透を図っています。
もちろん、外為オンラインはかつてのサラ金のような負のイメージがあるわけではありませんが、投資ということで「固い」、「難しい」というイメージをもたれがちなので、
それを払拭しようとしているわけです。そして今のところ、この戦略は奏功しており、若い人を中心に外為オンラインで投資を始める人が増えています。
とはいえ、外為オンラインでのトレードは投資であるため、利益が出ることもあればその逆も起こりえるわけです。
損失を出して貴重な資産を失ってしまうということもあるのです。
特に、外為の知識を持たないままブームに乗るような形で取引を始めてしまうと危険です。
もちろん、勘やインスピレーションを頼りにたまたま儲けが出ることもありますが、長く取引を続けていくうちにトータルでマイナスになってしまうことでしょう。
これでは投資の意味がありませんね。
もちろん、どんな投資家でも外為で損はします。
しかし「大損」はしないようにしますし、トータルでプラスになればいいと考えるわけです。
では、トータルでプラスにするには、「大損」しないようにするには・・・どうしたらいいのか気になりますね。
これを知りたい場合は外為オンラインのFXセミナーに参加してみるといいでしょう。
インターネットで情報収集すると、日本各地で講師によるセミナーが行われていることがわかります。
自宅から近い場所で行われているかもしれませんので、積極的に活用しましょう。
無料で行われていることも多いですが、受講料が必要な場合もあります。
それでも自分に対するFXの投資と思えば安いものです。セミナーを活用して、負けないトレーダー、勝ち組のトレーダーを目指してください。

Posted in 外為 | Comments Off

口座に預けているだけでは金利は付かない

FXで取引をするには、各業者の指定の口座に入金をしなければなりません。そして「口座」という表現から、少し誤解を覚えるかもしれません。
我々が日常生活で口座という言葉を聞いた時、たいていは銀行をイメージします。
銀行口座に入金するという表現がなされる事も有れば、引き落としをするという表現もなされます。
そして、銀行口座の場合は利息が付くのもご存知だと思います。
1年に1回のペースで利息を付ける銀行も有れば、1年に何回か利息をつける銀行も有ります。それは、各銀行によって異なるという事になります。
このイメージが強いので、人によってはFX業者の口座に預けておくだけで金利が発生すると誤解している人も居るようです。
改めてこの場で述べておきますが、FX業者の口座に預けておくだけでは利子や利息は一切発生しません。たとえ100年間預けていても、1円も利息は発生しません。
口座という言葉だけを聞くと、確かにそういうイメージを抱くかもしれません。利息は発生しませんので気をつけましょう。
FXで利息を発生させるとしたら、やはりスワップポイントですね。
南アフリカランドや豪ドルなどが代表的な通貨です。
ただし、何もしなければ南アフリカランドのスワップポイントの恩恵を受ける事はできません。
必ずどこかのタイミングで「買う」か「売る」かのアクションが必要です。
口座にお金を寝かせておくだけでは、何も利益が発生しません。どこかのタイミングで、必ず「決断」を伴うのがFXというものなのです。

Posted in 外為 | Comments Off

初心者向けFX取引業者

外為オンラインはFX業者の一つで、初心者にも優しい業者として広く認知されています。
もちろん、オンラインと銘打っている以上インターネットを使っての取引がメインになっており、パソコンやネット環境がどうしても必要になります。
さらに、外為オンラインは携帯電話のアプリケーションも提供しており、ドコモの携帯電話であれば端末を使用して取引が可能になっています。
ただし、携帯電話のアプリは今のところドコモにのみ対応しているため、ソフトバンクなどの携帯を利用している人は使うことが出来ません。
高機能のスマートフォンであるiphoneであってもアプリがないので取引が出来ないのです。
もちろん、これは「今のところ」であって、将来は使えるようになるかもしれませんね。
さて、外為オンラインそのものに話を戻しますと、何といっても初心者に優しい設計になっているのが特徴的です。
FXの売買システムが分かりやすく、誤注文をしないように助けてくれます。
取引そのものに対する手数料は徴収されず、フリーで取引が可能です。
多くの場合、手数料無料の業者はその分スプレッドで儲けを出そうとするものなのですが、外為オンラインの場合はスプレッドも非常に狭く設定されています。
一番取引量の多いドル円で1銭?は業界でも最低の水準です。さらに、証拠金は5千円から入金でき、まさにお小遣い程度の金額から取引が可能になります。
一回飲み会を我慢すれば投資が可能になるというわけですので、人気が出るのもうなずけますね。
また、嬉しいことに入金手数料や出金手数料も無料になっており、出し入れに関してストレスがありません。
の口座開設もスムーズですし、取引もしやすいとなれば利用しない手はありませんね。
しかし、いかに使いやすいといっても、投資には損失の可能性もあるということは覚えておきたいものです。
損失を出しても、外為オンラインのせいでも他人のせいでもありません。これを良く踏まえて、ネットなどでFXを勉強してから自己責任で為替取引をするようしましょう。

Posted in 外為 | Comments Off