手軽に部分染めをしたいときは


白髪を部分染めをしたい時には、典型的ですが、コーム(ブラシ)がついている白髪染めがベストでしょう。

手にクリームをとって塗るタイプの白髪染めだと、ポイントを染めるのはやはり難しいと思います。
コームだと、染めたいポイントに的確に薬剤を塗れるからです。
このほうが、着色したくない部分にも色がついてしまった…という失敗がないでしょう。
コーム付き白髪染めでも、泡や液体ではなくクリームタイプを推薦します。

理由は、液体タイプですと、薬剤を置いている間にどうしても垂れてきたりしますし、泡タイプは部分染めに適していないからです。クリームタイプは流れてしまうこともないですし、質感がしっかりと硬めですから伸びすぎず、スポット塗布もやりやすいです。

逆に頭髪全体を染める時には、このクリームタイプは向きません。
薄毛 女性が増える原因にもなるので、部分染めに最適のスタイルだといえましょう。

クリームタイプの白髪染めで、毛髪にも頭皮にも刺激が強くないタイプのものが出ています。
トリートメントタイプ白髪染めとは多少違ってきますが、1回塗布した後は、洗髪するまでそのままにしておきます。コームで塗ったりもしますから部分染めでも問題ありません。
これだと、クリームタイプでも少量で伸びが良いので、経済的かつ色のもちもいいです。

白髪染めを使用するのをためらっている方には、手間がかかって面倒だろうからという人も結構いるのではないでしょうか。最近の商品は改良が進んでますから、手軽で使いやすく無添加の白髪染めも多く出ています。
市販白髪染めランキングサイトなどを使って、自分に適した商品を探して愛用するのが大切です。

皮膚がデリケートな方はパッチテストをしてから使用するようにしましょう。
天然成分を使っていても、薬剤が合わないという方はやはりあいませんので、用心して下さい。